top of page
  • tamura-arch

播磨の住宅改修工事中④ もとの形を活かす、新しい空間

浴槽を移動したため、既存の浴槽などを解体しています。

昭和のレトロな浴室でした。

天井がアーチを描き、光の反射が面白い空間です。

改修後、形状を活かし、間接照明を設置し、やわらかな光が反射する空間になります。

在宅ワークに対応した、ワークスペースになる予定です。

リノベーションでは、もとの形を活かすことがよくあります。

今までの建物の記憶を継承すると共に、解体が少なくなるのでコストも抑えることもできます。



閲覧数:9回0件のコメント

Comments


bottom of page